元復縁屋、元依頼人カトウの素顔

カトウは別れさせ・復縁を手掛ける探偵社に在籍していた。そもそもの発端は、自分が彼女に振られたことからなんだけどね。

3年間付き合った彼女がいたんだけど、仕事が忙しく、あまりかまってあげられなかった。彼女は同僚の男性にそれを相談し、そのままカトウに別れを告げ、その男性と付き合ってしまったんだ。カトウとしては結婚まで考えていた相手だったから、寝耳に水だったよね。失ってから後悔したけれども、もう遅い。何とかして取り戻そうと四苦八苦したけれども、結果的には事態をより悪くしてしまい、自分では手の施しようがなくなってしまった。そこで復縁についてネットで調べていた時に、復縁屋の存在を知ったんだ。

彼女と今の交際相手を別れさせ、復縁したい。その一心で探偵社の扉を叩き、この世界に踏み入れたんだね。しかしその結果は散々たるもの。最初に依頼した復縁屋は、そもそも相手の男性が存在しないと言い切った。そんなわけはない。実際カトウ自身が彼女と一緒にいる男性の姿は目撃しているし、そんなにすぐに別れるとは思えない。しかし業者は「これが事実です」の一点張り。手も足も出なかった。

納得のいかないカトウは2社目に相談した。今度はもう少しまともに仕事をしてくれそうな業者を選んだつもりだ。しかしいざ依頼してみると、様子は掴めないし、質問しても答えてくれない。あげくカトウ自身が動くことは規制されている。そんな感じで何も得られずに終わったんだ。

これは誰かに頼んだとしてももう無理だ。実際に自分が復縁屋のノウハウを手に入れるしかない。そう思ったカトウは、復縁屋の求人募集を見て応募。みごと通過して、プロの復縁屋として働くことになったんだ。実際に業者側になってみると、ビジネスとしての復縁がどのように成り立っているのか、同業他社はどのような営業をしているのかといったことが如実に現れてきた。

そして3年後。カトウは復縁屋をやめて、一般企業に就職した。何故だか理由は問わないで欲しい。彼女のこと、そして自分のことを考え、足を洗うことにしたんだ。でも、復縁を願う人がこの世の中に多いのは確かで、復縁屋に頼ろうとする人が多いのもまた確か。それであれば、自分がこれまで培った知識や情報を、皆に提供して少しでも役に立てればと思ってサイトを立ち上げた。

業界経験は少ないけれど、カトウに直接聞きたいことがあれば、メッセージをいただければと思います。私か、もしくは同じような経験をした知人が、返信します。