復縁屋の費用・料金体系

復縁屋の費用は業者によって似ているようで似ていない。期間で決まっているもの、工程数で決まっているもの、成功報酬が定められているものが殆どだが、そもそも何を元にして決められている料金なのかは不明。

復縁屋に相場や理想の料金体系はあるのか?

復縁屋の世界にある「相場」というのは、基本的には「復縁屋が一通りの業務を行うための労賃、車両・撮影機材、および工作の特殊性による費用」といったところから算出されているのだと思う。私も復縁屋の業務を行っていたころは、この価格が適正であると信じて行ってきたし、そのくらいはいただかないと割に合わない、ストレートに言えば「生きていけない」金額で設定していたと思う。
ただ、これが適正価格であると言えるのは、復縁屋としての業務をまっとうに行った場合の話。同じ費用をもらって労力を減らせばボロ儲けだ。だからこそ悪徳と言われる業者が、工作の場合には増えてしまっているのでしょうね。この傾向は非常に残念でならない。

復縁屋と一言で言っても、すでに復縁したい相手に新たな交際相手がいれば「別れさせる」という一工程が追加されるので、一概に費用がいくらだとは言えないところがあるのが事実です。そのため、「事前調査」期間を設け、その結果によりその後の工作プランを決められるというシステムにしているところもある。
また、もっと細かく、1回ごとにその後のプランを決められるという復縁屋もある。復縁は簡単なことではなく、相手の様子を見ながら進めていかなければならない。予想外のことも起こるかもしれない。あなたが改善しなければならない問題も出てくるかもしれない。だからこそ、順を追って進退を決められるような料金システムの復縁屋がいいのではないかとカトウは思うよ。

ただ、中には「忙しいから復縁は業者に全て任せてすすめておいてほしい」という人もいるでしょう。そういう人は、逆に期間とパックが決まっているような復縁屋を選ぶのが良いと思う。一々「今の状況はこうで、こういう話が聞き出せました。次はこういう方針で進めようと思いますが、どうですか?」と聞かれるのがうっとおしいと感じる人もいるでしょうからね。

要するに、自分にあった費用体系の復縁屋を選ぶのが一番ってことだ。

復縁屋と料金や費用に関してトラブルになった場合

復縁屋とのトラブルが多いのも、費用に関してだ。

余談になるが、実は復縁屋や別れさせ屋、特殊工作といった工作業務の内容についてのトラブルよりも、金銭的な部分の方が多い。つまり、工作業務だけではなく、調査業務のみの場合でも起こりうる。これは復縁屋に依頼する人だけではなく、探偵社に依頼する人全てに共通して言えることだから、気を付けて欲しい。

まず多いのが、解約する場合にかかる費用について。
期間内に解除する場合、大抵は違約金が設けられていたりする。妥当な金額であれば、そこでもめれば不利になるので飲んだほうが良いだろう。ただ妥当な金額でないなら、そのまま素直に受け入れて引き下がるのではなく、断固として戦った方が良いかもしれません。特に追加で費用を要求され、しかもそれが契約書に書いていない場合などです。
「継続していれば成功した案件だから、途中解約するなら成功報酬分も違約金に上乗せされる」などという業者も最近はあるのだそう。「なるほどな」と思う前に、自分の契約内容を見直し、納得がいかないのであればとことん追求するか、専門機関に相談すべきでしょう。

ここで、よく他の探偵社に意見を求める依頼者の方がいますが、客観的な意見をもらえないのでやめておいた方が良いと思う。今の復縁屋と解約し、新たに契約しようと考えている業者に相談するのであれば良いかもしれないが、ただ単に相談するだけというのは、探偵社からしても答えにくいし喜ばれない。はっきりした回答も得られないでしょう。

どの料金プランにも、メリットデメリットはある。メリットの部分だけ見て決めるのではなく、デメリットの部分も見た上で客観的な視点から、依頼する復縁屋の業者を決めるべきだと思いますよ。