復縁屋への依頼中に迷ったら

復縁屋に依頼をしてから、大小に関わらず疑問点が生まれてきたり、自分自身に対しての迷いも出てきて当然です。全く未知の世界に踏み込んだのだから右も左も分からないのが普通。依頼中に疑問が生じれば、当然ながら復縁屋の依頼までの説明を思い出し現状と突き合わせてみる。

その結果、ズレが生じている事に気が付くこともあるでしょう。しかし「下手な事を言って、お願いしている相手の気分を害したらマズイかもしれない」「信頼して依頼したんだから裏切らないだろう」という気持ちを持ってしまうと対処の遅れに繋がってしまうのですね。

復縁屋の依頼中、困ったら○○しろ!

疑問は復縁屋に聞いて解決しなければその迷いは消えません。今のカトウからすれば「遠慮してどうする?」と言いたい。
現実問題として復縁屋によって依頼人に対する姿勢は様々で、当たり外れはある。相手はプロだから契約時に見抜くのは難しいのかもしれない。しかし、依頼人が見極める事ができる部分もあるはずで、それは契約後の依頼人に対する復縁屋の対応力に尽きると思う。

まず、疑問に思ったら聞いてみるのが一番。その対応如何によっては、他の復縁屋に相談することもありだと思っています。ちゃんとやっている業者なら、ちゃんと答えてくれますよ。実際にカトウが復縁を依頼していた時はどうだったのか?もちろん、加藤は聞いて聞いて聞きまくりました。ちゃんと対応してくれる復縁屋だったから、疑問をぶつければ答えが返ってきました。

相手にぶつけても何も返ってくるものが無ければ不安になり、不安は迷いを生じてきて当たり前。依頼の内容がナーバスだから、依頼人に不安を抱かせてしまうこと自体あってはならない事なんです。カトウが復縁屋をやっていた時には、依頼人の精神的フォローは欠かさなかったと自負してます。ですから、依頼人からのメールや電話のレスポンスを早く行う事は当たり前。依頼人が連絡を取ろうとしても連絡が取れない、いっこうに報告が来ない、催促しても来ない、このような事は言語道断に値すると考えちゃうんですね。

カトウも、他の業者に依頼中だが困っているという相談を受けたことがありますが、決してその業者のフォローはしない。逆に、復縁屋はこうあるべきだという事を堂々と言ってました。ちゃんとやっているから言えることなんですけどね。

そもそも復縁屋に依頼したことに迷いを感じたら

復縁屋に依頼したことを自分自身で迷ってしまっている時にフォローが無いのは辛いものです。自己嫌悪だったり後ろめたさだったりがあると、復縁に向けの工作が順調に進んでいても自分の気持ちが伴わなくなる。カトウはこのような依頼人にお伝えしたいのです。

工作は強制的に人の気持ちを変えてしまう、というイメージがあるのかもしれません。そのため、後ろめたい気持ちが生まれてくるのだと思います。
しかし、工作は、相手の本心を聞き出して行きながら考えるキッカケを与えていくものです。復縁したい相手が過去を再考できる環境を新しく整えるのです。それは過去に二人の関係が悪化した要因となっている思い込みだったり誤解だったり行き違い、これらが積み重なって絡まってしまった糸を、ゆっくりと丁寧にほぐしていく事なのです。

復縁したい相手が、「自分が相手の話をよく聞かなかったのかもしれない」「相手の立場を考えないで自分勝手な事だけを言っていたのかもしれない」「相手は本心で言ったんじゃないのに売り言葉に買い言葉だったのかもしれなない」等、改めて二人の関係を考えるようになる方向にキッカケを与えていくのです。

だから、復縁屋に復縁を依頼することは「後ろめたさ」ではなく「復縁のチャンスを掴むためにトライする一つの手段」と捉えてもらいたいですね。

迷いが生じた時に、「相談でき解決できる復縁屋のクオリティ」と「迷いを解決できない復縁屋のクオリティ」では雲泥の差が出るわけです。
疑問が生じたら決してしり込みせず、他社に相談する事も有効な対処方法だとカトウは考えています。